<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ユニコーンからのメッセージ:Magical Unicorns | main | ティートリー >>
医師が認めたアロマセラピーの効力



日本ではアロマセラピーはなんとなく昨今の癒しブームとともに
いい香り〜、癒される〜、、、という感じで
ポピュラーになってきたような感があります。

これはイギリスのアロマの本が1980年に翻訳出版され
イギリス式の気分転換、リラクゼーション、リフレッシュを中心とした
アロマセラピーが紹介されたため。
イギリスでは主に病院の看護婦によってアロマが取り入れられたり、
美容のためや生活にうるおいをもたらすものとして普及した経緯があるため
日本でのアロマセラピーはリラクゼーションのための方法、
という認識が先行したようです。

アロマテラピー検定なるものがあり、私もアドバイザー資格をとったけれど
このテストを主催しているのは社団法人の日本アロマ環境協会で
イギリス式のアロマセラピーを取り入れている団体。
なので、ますます日本はイギリス式のリラクゼーションのための
アロマ、というイメージが強いよう。

面白いのは、イギリス式を採用している日本アロマ環境協会では
アロマセラピーのことを「アロマテラピー」とフランス読みし、
フランス式のメディカルアロマセラピーを説明してある本書では
英語式に「アロマセラピー」と呼んでいるところ。
いかに日本のアロマ環境が混乱してるか!の象徴かも(笑)。

さて、アロマセラピーで使われるエッセンシャルオイル(精油)は
主にハーブを中心とした植物から水蒸気で蒸留抽出されたもの。
だから、精油はいわば、薬の塊!とも言えるんですよね。

いい香りだから癒される、というのも確かにあるのですが
薬用成分が効いてるから、リラックスもできるし、
浄化にも効くし、風邪や花粉症、切り傷や怪我、ダイエットなんかにも
有効だったりするわけです。

例えば、レモンは風邪のシーズンによい、と言いますが、これは
レモンの精油にリモネンという殺菌作用のある成分が含まれているからです。
空気に触れて酸化反応を起こすときに殺菌作用も発揮するので
空気中に芳香成分のリモネンを漂わせるとその作用を享受できる、
というわけです。

こういった成分のことをきっちりと医学的な見地で解明し、活用しているのが
フランスやベルギーのメディカル・アロマセラピーであり、

「医師が認めたアロマセラピーの効力」
を書いた川端先生だったりするわけですね。


本書
を読めば、アロマテラピー検定1級のテキストを読んでも
あまり理解できなかったような、メディカル的なアロマの基礎が
よくわかります。

そして、使用する精油はきちんと選ばないとカラダに悪い、
ということもよぉく理解できるようになります。

たとえ、肌に直接つけたり、飲んだりしなくても、
香りを嗅ぐ芳香浴であったとしても、
カラダにどんどん精油の成分が吸収されますので
精油を選ぶ際には、出来る限り、無農薬有機栽培、
もしくは100%野生の天然のものを選びたいですね〜。


「医師が認めたアロマセラピーの効力」
、ある程度アロマを勉強してきた人にも
お薦めだと思います。



この情報は役に立ちましたか? YES No  



| アロマセラピー | 00:00 | - | trackbacks(0) |
http://checktheseout.lightandcolors.info/trackback/247104